加齢臭がない人はいる?

年を取ってくると出てくる体臭の一つでもある加齢臭は自分ではなかなか気付くことができないという理由から家族に指摘されて初めて知るという人も少なくありませんが、加齢臭がするようになると年を取ったと実感する人も多いと思います。

しかし、すべての人に加齢臭が出てくるというわけではなく年をとっても体臭がほとんどない人もいるので個人差もあります。

また、発現年齢についても20代からニオイが出てくる人もいるので一概には言えないところもありますが、このように個人差がある理由として考えられるのは体質的な問題だけでなく生活習慣の乱れの有無などが大きく影響していると考えられます。

ニオイとなる物質がそもそも体内の中で作られることがなければ体臭は存在しないわけなので、ニオイの原因を作る食生活や運動不足などがなければそこまでニオイが具現化することもありません。

現に加齢臭がきつい人をイメージすると太っている人をイメージする人は多いと思いますが、太っている人ほどニオイが強いと言うのは実際のところで食生活の乱れによって脂肪が蓄積されて、それが皮脂となって肌の上に分泌されることによって酸化を促すというわけです。


加齢臭対策をするためには体臭の状況にあわせてきちんと加齢臭対策するということも必要になってきます。
その前にどのような原因で体臭となって現れているのかという要因についても考えて、改善できる部分については意識して加齢臭対策することも大切です。

ワキガとの関係

加齢臭と同等か、それ以上にきつい人の体臭として知られているのがワキガですが、他の体臭は年齢と共に顕在化しやすい特徴があるのに対して、ワキガのニオイについては小学生からかなり強く臭いとなって現れていることがあります。

ワキガになるのは体質的な要素がかなり絡んでいる部分ですが、アポクリン線を通って出てくる皮脂などが衣類などに付着することによってニオイになると言われています。

一方で加齢臭についても汗線などの働きが関係しているという点では共通していますが、アポクリン線の影響を受けているわけではなく、ニオイの原因になりやすい皮脂などが分泌されて酸素と結合することによって嫌なニオイとなります。

ワキガの場合はニオイのレベルがかなり高い場合は自力で改善することが難しいので、アポクリン線を除去するための手術を行って対策するという流れになることが多いのですが、手術になるのでリスクを伴うというデメリットもあります。

ちなみにワキガの場合はワキの部分から特にニオイが出やすいという特徴がありますが、加齢臭の場合は後頭部からニオイが出やすいという特徴があるので、それぞれの体臭の出る範囲が異なっているという特徴もあります。

ワキガの対策をする場合も加齢臭の対策をする場合も状況にあわせてケアするということが大切ですが、ワキガと違って加齢臭の対策は生活習慣の改善などによってもかなり状態を改善させることができるので意識して心がけるようにしましょう。

汗のニオイとの関係

中年になってくると突如となく加齢臭のニオイに悩まされるようになる人はたくさんいますが、汗の排出もニオイの程度に関わってくるので汗をかきやすい人は要注意です。

ちなみに汗そのものは特にニオイがあるという成分ではないのですが、ニオイがするのは汗にさまざまな老廃物や皮脂などの物質が含まれているからで、これらの働きによってニオイが強化されるという仕組みになっています。

また、汗をかいた後は衣類などに付着することになりますが、そこで空気と触れることによってさらに臭いを強めてしまっていて、こまめに着替えをすることも汗によるニオイケアを考える上では重要になってきます。

ちなみに加齢臭は後頭部を中心にニオイとなって現れやすくなっていますが、首や後頭部がたくさん汗をかくと、それが空気と触れ合うことによって酸化臭となることが理由としてあります。

加齢臭対策の方法にはいろいろありますが、気を付けないといけないのはきちんとしたケアを心がける必要があるという点で単に臭い対策をするだけでなく体質改善を計ることも根本的な対策としては必要になります。

汗の状態を決めるのも食事によって体内に入ってくる栄養分の働きが大きくなっているので、食生活の改善を図って栄養のバランスを考える必要もあります。

また、汗を止めるために制汗剤などを使用する人もいますが、汗の排出を止めてしまうと質の悪い汗が多く生成されやすくなってしまうので汗は排出することが大切です。

薄毛との関係

中年以降になってくると頭髪が薄くなる症状に悩まされる人も増えてくると言われていますが、中年以降の薄毛の症状は一般的にAGAと呼ばれており、男性ホルモンの働きによって頭髪が薄くなる特徴があります。

また、男性ホルモンの働きだけでなく他にも食生活や睡眠バランスの乱れなどによっても薄毛になることがあると言われていますが、このように薄毛になる状況と加齢臭が出てくるタイミングは似ている部分も多くなっています。


実際に薄毛が気になり始めた頃から加齢臭も出てきやすくなっているので同じくらいの時期から加齢臭対策と薄毛対策をする人も増えてきますが、薄毛になる原因として皮脂の過剰分泌があり、これは加齢臭を強化する要因にもなります。

皮脂が分泌することによって空気が皮脂と触れることで酸化を促すことになりますが、酸化してしまった皮脂からは悪臭がするようになるのでニオイとなり、また頭皮に皮脂の分泌が増えてくると炎症の原因となる細菌が繁殖するようになります。

そのため、皮脂の生成を抑えることが結果として薄毛の症状や加齢臭対策に繋がることになるのですが、皮脂は脂質の成分によって生成されるものになるので脂質が少ない食事を心がけることによって改善効果が期待できます。

ただし、効果の程度については個人差が大きい部分もあるのですぐに効果が出てこない可能性があるという点には注意する必要があります。

気長に加齢臭対策を考える必要も場合によっては出てきます。

病気との関係

加齢臭が出ている場合に生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れなどによってニオイが出ていることが多いのですが、いずれの場合も原因を取り除くことによってある程度の加齢臭対策の効果は得ることができるようになっています。


また、加齢臭は中年になってから現れやすい体臭の一種になっていますが、中年になってくると病気のリスクも高まることになり、発症する病気の種類によっては体臭が強化されることがあるので注意が必要です。

中年以降で発症しやすい病気の中で体臭と関わりが深いと言われている病気に肝機能障害や糖尿病などがありますが、これらの病気を発症しているとアンモニアのニオイを強めることや甘いニオイなど特有のニオイが出てくることがあります。

急に体臭が出てくるようになった場合は病気を疑うことも大切ですが、重大な病気を発症しているケースも少なくないので注意する必要があります。

加齢臭対策をする場合も効果がなかなか出ない場合は病気が発症していることにより効果が現れてない可能性も十分に考えられるので注意する必要がありますが、加齢臭対策を考える場合は加齢臭の発現要因などから考えてケアすることも大切です。

加齢臭対策をする場合はどちらにしてもニオイの原因にあわせた対策をすることが肝要になるので、どのような理由で体臭が出ているのかという要因を事前に把握しておく必要もあります。

また、間違ったニオイケアはかえってニオイを強化させる可能性もあるので注意が必要です。

ムダ毛は秋もしくは、冬から始めると夏に丁度いい状態となります